自由が丘のステーキ"ジカビー"

2015年7月の自由が丘駅前に熟成肉ステーキ専門店としてオープンして以来、沢山のお客様に支えられ お陰様で2019年12月には来店者数10万人を達成することが出来ました。感謝の意を込めて只今、Lineメンバー及びメルマガプレミアムメンバー限定で10万人突破記念のクーポンを配信しております。ぜひご利用ください。

ジカビーでは、年間3万6千枚ものステーキを焼き上げています。その経験と『もっと美味しく焼けるはず…』という探求心がお客様に支え続けてもらえる理由だと実感しています。

ジカビーのオープン当初は「リーズナブルなお肉を楽しんでもらおう!」というコンセプトでした。しかし、安いお肉には限界がありました。毎日毎日何十枚もの肉を焼いていると、『ステーキ屋さんの常識、肉の常識と言われるものに縛られたままでいいのだろうか…』そんな疑問が湧き上がってくるんです。

そうこうしているうちに、2018年の夏、転機が訪れます。良い肉を仕入れることが出来なくなったのです。

ジカビーでは、オーストラリア産のグラスフェッド(牧草牛:牧草を飼料として育てられた牛のお肉)を使用しているのですが、業者さんが、その肉を安定供給できなくなったというのです。だから、お店に入荷するお肉は、ピークを過ぎてしまったものや薄っぺらくてどうやってもステーキとして焼くのは難しいもの、冷凍してあるのでドリップが出てどうしようもないもの。そんなお肉ばかり…。仕入れ額で約150万円分を廃棄することになってしまいました。

この時は、さすがに『もう無理だ…』と口に出てしまったのを鮮明に覚えています。

でも、諦めなかったんです。というよりも諦めたくなかったんです。
【『食』で、みんなの笑顔を創出する!】
という想いがあったから…。

そして、業者さんと一緒に美味しくて安定供給の出来る安心して食べることが出来るお肉を探す日々が始まりました。
「これ、サンプル持ってきました!焼いてみてください!」
「ありがとうございます!」

そんなやり取りが何十回も続きました。それとともに我々の肉の処理の仕方、保存方法などの改善・改革が始まります。肉のスジを徹底的に処理するためにジカビー独自の処理方法に切り替えたり、真空パックの機械を購入して鮮度を保てるようにしたり…。

そして、1年以上の月日が経った2019年9月に見つかったんです。我々が探し求めていたお肉が。

ジカビーの今のコンセプトは、
『柔らかくて、美味しいお肉を楽しんでもらおう!』

 

この柔らかくて美味しいお肉で、皆さんの笑顔を創出できるように毎日、笑顔で美味しいステーキを焼き上げます!

 

熟成肉ステーキ専門店ジカビー自由が丘本店で楽しめるもの① それは、赤身肉 
熟成肉ステーキ専門店ジカビー自由が丘本店で楽しめるステーキは、赤身肉です!

  

ご覧のように、和牛のようなサシがバリバリ入っているというお肉ではありません。
でも、柔らかくて旨味のあるステーキが楽しめるのです。

ジカビーでお客様に人気があるステーキ。
それは、口コミでも話題になっている
特選!ハラミステーキ

このステーキは、柔らかいだけでなく目では確認するのが難しいサシがバランスよく入っています。

このサシが、このステーキの美味しさの秘密です。和牛のように脂がくどくない。でもこのほんのわずかなサシがあるだけで、『もう少し食べたい!』『もう一回、このステーキ食べたい!』という想いにつながっているのです。

特選!ハラミステーキに使っているのは、アメリカ産の安全なお肉です。穀物を飼料として育てられた牛のお肉(グレインフェッド)なので、わずかながらもバランスの良いサシが入っていて、美味しいお肉になっているのです。

 

熟成肉ステーキ専門店ジカビー自由が丘本店で楽しめるもの② それは、熟成肉 

ジカビーの熟成肉は、世間でいうドライエイジングではありません。では、どのような熟成かというとウェットエイジングを採用しています。

実際に3年前までは、ドライエイジングでやっていたこともあります。しかし、何度も食べていてなんだかしっくりこない…。
『ステーキとして食べるのにこれでいいんだろうか…』という疑問が生じたのです。

その疑問とは…。

ドライエイジングで熟成させると、焼いたときに肉汁が逃げない。旨味が増す。冷凍してもドリップが出ない。冷めても美味しい。というメリットはあります。しかし、我々が最も求めている『ジューシーさ!』が感じられなかったのです。そして、何度も試行錯誤を繰り返すうちに、『やはり、ステーキとして楽しむのであれば、ジューシーさは欠かせない…。』という結論に至りました。

 

そういう経緯があって、今では、ウェットエイジングに切り替えて、旨味と柔らかさ そして、ジューシーさ!を追求した熟成肉を提供しています。さらに、ジカビーの熟成肉の特徴は、燻製の心地よい燻された香りが旨味として加わっていること。

では、どのようにして燻製の香りをつけているのかというと、熟成させる前に肉を低温で燻製しているのです。

燻製することで、肉の旨味も増し 旨味がぎゅっと詰まった柔らかいステーキに焼き上げることが出来るようになるのです。手間暇かかっているので、お値段は張りますが、ぜひ!ジカビーの熟成肉の旨味を楽しんでみてください。

 

熟成肉ステーキ専門店ジカビー自由が丘本店で楽しめるもの③ それは、グラスフェッド 

牛肉には、大きく分けてグラスフェッド(牧草牛)とグレインフェッド(穀物牛)があります。

それぞれの違いは、飼料の違い…。牧草を飼料として育てられた牛なのか?それとも、穀物を飼料として育てられたのかという違いです。

グラスフェッドというのは、牧草を飼料として育てられた牛のお肉の事です。また、穀物を飼料として育てらえれた牛のお肉のことはグレインフェッドと呼ばれています。

牛肉の風味と旨みが楽しめるのは、穀物を食べて育った牛。そう、グレインフェッドです。和牛のようにものすごいサシが入った霜降りはくどくて量を食べることはなかなか難しいですが、サシは旨味の一部。このサシがあることで肉に火を通しても柔らかさを感じることが出来ますし、何よりお肉が美味しいです。

それに対し、牧草を食べて育った牛のお肉は、グラスフェッドと呼ばれています。このグラスフェッドは健康志向の方などに人気が出てきていいて安全なお肉として重宝されています。肉本来の味が楽しめる…。グラスフェッドの特徴は、牧草に由来する香りがあるということ。気にならない人は全然気にしないで口にすることが出来るようですが、気になる人はこの香りが苦手な人もいるようです。

当店で使用しているグラスフェッドのお肉は、オーストラリア産又はニュージーランド産。10年以上前は『オージービーフ=まずい』と思われていましたが、近年のオージービーフは依然と比べるとレベルがかなり上がっています。上質なグラスフェッドビーフが楽しめるということで注目されているくらいです。

ジカビーで楽しめるグラスフェッドビーフは、

  • 肉厚!サガリステーキ
  • ヒレステーキ
  • シャトーブリアン
  • 稀少なリブロース
  • 普通のサーロインです。

 

上質なグラスフェッドビーフをお楽しみください!

ここのステーキが美味しい理由

『ジカビーのステーキが美味しい理由』、その理由は3つあります。まずは、質の良い肉を仕入れ食感が悪くなるスジを徹底的に処理してあること。ガーリックの風味が豊かな特製のガーリックソースをはじめ、肉の味わいや旨みを最大限に引き出すヒマラヤ産のピンクソルトなどの調味料にもこだわっていること。そして、溶岩石の遠赤外線効果を使った特製のグリルで香ばしく、しかもしっとりジューシーに焼き上げてあること。

質の良いお肉と徹底した肉の下処理

肉の下処理には、ものすごく気を遣っています。柔らかくてジューシーなお肉を楽しんでいただけるように余分な脂や、食感を悪くするスジは取り去り、丁寧に下処理するように心がけています。 この手を抜かないひと手間があるからこそ、柔らかいステーキに焼きあげることが出来るのです。

 

ステーキをより美味しく楽しめる特製ソースなど

ステーキには、塩コショウで下味をつけております。

ジカビーで使用している塩は、ヒマラヤ産の岩塩。この岩塩はミネラル分が豊富で塩気も強すぎず甘みを感じる塩です。見た目も淡いピンク色でかわいらしい色。ステーキは、そのままお召し上がりいただいても十分美味しいのですが、特製のソースもご用意しております。

そのソースとは、ニンニクの風味豊かな特製のガーリックソース。

このソースは、しょうゆとゴマ、味噌などをベースにしたもの。もちろんニンニクもしっかりと使った特製のガーリックソース。
このソースが、お肉の脂と合わさることで、更に肉の旨味を引き出せるようにした味わいです。このソースだけを舐めると塩っ辛い感じなのですが、焼きあがったステーキにかけて食べると、あら不思議。ステーキの美味しさが何倍にも膨れ上がるのです!

テーブル上に置いてありますので、お好みの量をステーキにかけてお召し上がりください!

これだけを買いに来るお客様もいらっしゃるほどなんです。

 

溶岩石を使った特製のグリル

ジカビーの店名の由来は、直火(じかび)で肉を焼き上げるというところから命名しました。おやじギャグです(笑)
でも、実際は直火ではないんです。

じゃあ、どうやって焼いているのかというと…。
溶岩石を火で温めてその石から出る遠赤外線の効果を使って焼き上げているんです。


こんな感じで、グリルパンの下には、富士山の溶岩がぎっしりと敷き詰められています。この溶岩石を使って焼くことで、表面はこうばしく中はしっとりとジューシーに焼きあがるんです。

 

ランチメニュー

ジカビーのランチメニューは、どのステーキにもミニサラダとライス、特製のビーフコンソメスープついたお得なセットメニューになっています。ランチタイムはドリンクメニューもお得です。お得プライスのスパークリングワインやステーキに合うホワイトベルグ生ビールと一緒にお楽しみください。


特選!ハラミステーキ ランチ
肉厚!サガリステーキ ランチ
粗挽きハンバーグステーキ ランチ
熟成肉 リブロースステーキ ランチ
熟成肉 サーロインステーキ ランチ
稀少なリブロースステーキ ランチ
普通のサーロインステーキ ランチ
ヒレステーキ ランチ
シャトーブリアンステーキ ランチ
乱切りステーキランチ

▶ランチメニューの詳細は、こちらから…

 

ディナーメニュー

ディナーメニューは、ランチタイムと違いワインやビールを飲む方が多いので、基本的に単品メニューとなっております。
単品とは言っても付け合わせに、マッシュポテトやブロッコリーなどを添えてあるのでワインやビールと一緒にステーキをより美味しく楽しむことが出来ます。

特選!ハラミステーキ
肉厚!サガリステーキ
粗挽きハンバーグステーキ
熟成肉 リブロースステーキ
熟成肉 サーロインステーキ
稀少なリブロースステーキ
普通のサーロインステーキ
ヒレステーキ
シャトーブリアンステーキ
乱切りステーキ

▶ディナーメニューの詳細は、こちらから…

 

宴会プラン

只今、コロナウイルス感染拡大防止の為、各種宴会プラン等は自粛しております。ご理解のほどご協力お願いいたします。

 

テイクアウト

直接ご来店頂いてもテイクアウトすることが出来ます。ステーキの種類にもよりますが、15分から25分お時間を頂いております。また、お電話で事前にご連絡いただければご希望の時間にお渡しすることも出来ますので是非ご利用になってください。テイクアウトの料金は、店頭の価格と一緒になりますのでご了承ください。

 

デリバリー

ジカビーの美味しいステーキが、ご自宅でも楽しめます。ジカビーでは、今話題のウーバーイーツを利用しています。

ウーバーイーツをご利用になる場合は、まずは登録からお願いいたします。出来立てをあなたのご自宅までお運びします。
▼ウーバーイーツの登録はこちらからどうぞ!

 

営業時間

《  ランチタイム  》
11:00~15:00(14:20ラストオーダー)

《ディナータイム》
17:30~22:30(21:50ラストオーダー)

アクセス

〒152-0035
東京都目黒区自由が丘2-11-16
☎03-3725-4531