自由が丘で行列の出来るステーキ屋さんの乱切りステーキ

ランチタイムで、最も出数の多いステーキ。それが、この乱切りステーキ。 このステーキの出数が多い訳は、 『ただ単に、安いから!!』というところだと思っています。 では、なぜそこまで安いのか? それは、肉の質にあります。 お客様からは、 『乱切りステーキは、牛のどこの部分を使っているのですか?』 という質問も多くいただきます。 ここでは、この乱切りステーキとはどのようなステーキなのか?ということをお伝えします。 まず初めに、このお肉の特徴から。 このお肉の質は、決して良いものではありません。サガリステーキの塊り肉の下処理(スジをとったり薄っぺらい部分を取り除いたりする作業)した際に出た端材の部分。 サガリやほかの部位の肉で肉汁が流出してしまった肉。サガリやほかの部位の肉のスジっぽい肉を使用しています。 だから、訳アリ…。 つまり、薄っぺらいし肉汁が流出してしまっているので、300度以上もあるグリルで焼いてしまうと、肉の表面を香ばしく焼く前に肉の中心部分まで火が通ってしまうということです。 という訳があって、この乱切りステーキだけは牛の 「どこの部位を使用しているのか?」 という質問に対してお答えすることが出来ません。 そして、値段表記も「んっ??」って思うところがあります。 基本的にサガリステーキの下処理した際の端材や薄っぺらい部分を使っているのでサガリステーキの価格が基準になっているのですが、サガリステーキと乱切りステーキの価格を見比べてみるとこのような感じになります。

たとえ、どんなお肉であろうと『出来る限り美味しく焼きたい』と思っているので美味しくなるように頑張ってはいるのですがこのお肉を大量に美味しく焼くのには限界があるため
250g以上のお肉は、サガリステーキと同じお肉を使用しています。したがって250g以上のお肉は、サガリステーキと同価格になっています。
乱切りステーキとサガリステーキでは、カットの仕方も違ってくるので250g以上の場合は、サガリステーキを注文したほうが美味しくお召し上がりいただくことが出来ます。
テイクアウトメニュー 電話予約は、03-3725-4531